HOME > 専門部会

1.相談支援部会(精神障害部会)

【平成21年】
(精神障害部会)
 ・山武圏域の既存協議会である山武地域精神保健福祉研究会及び地域移行支援協議会
  の3看板として位置づけ、精神障害者の地域移行支援に向けての検討やうつ病支
  援、事例検討を行うなど、地域の実状に合わせて会の運営を行った。

【平成22年】
(精神障害部会)
 ・精神障害者地域移行支援協議会及び精神保健福祉研究会の3枚看板として位置づけ、
  1ヶ月毎に定期開催し、精神障害者の地域移行支援に向けての検討と報告を行うとと
  もに居宅介護事業所等からの困難事例について検討を行った。
 ・施設見学の実施→(福)ワーナーホーム関連施設、浅井病院関連施設、社会復帰施設見
  学会(社会適応訓練事業所石井商会・中里ワークホーム・三芳野会関連社会復帰施設)
 ・各市町の移動サービスの現状確認(「山武地域の移動サービス一覧」の作成)
 ・処遇困難事例検討:12件
(相談支援部会)
 ・他専門部会で扱われない事例や知的障害、身体障害の処遇困難事例の検討を中心に、
  相談支援における障害全般の受け皿的機能として4月に発足した。翌年2月からは知
  的障害者や身体障害者の事例であっても、精神分野を含むものもあることから、2月
  は精神障害部会と合同開催した。
 ・処遇困難事例検討:8件

【平成23年】
(精神障害部会と相談支援部会を統合)
 ・山武圏域における障害分野全体の困難事例検討の場とし、あらゆる相談の受皿的機能
  を発揮するために、精神障害部会と統合した。
 ・自立支援法つなぎ法による圏域内の相談支援体制の充実・障害児支援の強化について
  検討する。
 ・各市町の民間事業所の送迎サービス情報の整理
 ・勉強会「成年後見制度について」講師:とうがね司法書士事務所 森 優子 氏
 ・施設見学:医療法人静和会(7月29日・8月25日・10月27日)
  (平成24年)社会福祉法人ワーナーホーム(7月1日・8月4日・10月5日)
       社会福祉法人翡翠会(7月1日・8月9日・10月28日)
       社会福祉法人日吉会(7月12日・10月25日)
       社会福祉法人緑海会(7月8日・8月5日・11月4日)
       マリンハウス・フレンズ東金(7月12日・8月9日)
       NPO法人野花の会(7月8日・8月5日・10月6日)計:7ヶ所19回実施
 ・処遇困難事例検討:7件

【平成24年】
  山武圏域における障害分野全体の困難事例検討の場としての活動を行い、関係者が集
  まり協議する場として継続的に実施した。そして、困難事例から見える山武圏域の課
  題の整理を行った。指定特定相談事業所及び児童相談事業所に所属する相談支援専門
  員の質の向上を目指した活動も視野に入れた活動を行った。
  ・勉強会「ケアプランの策定について」
   講師:山武圏域自立支援協議会会長 寺田一郎 氏
  ・災害時避難想定のための研修として避難所運営ゲームの実施。
  ・自立支援法つなぎ法による圏域内の相談支援体制づくりについて、具体的な現場での
   課題について検討している。

【平成25年】
  山武圏域における障害分野全体の処遇困難ケースの事例検討の場としての活動を継続的
  に実施した。処遇困難ケースを抱え、孤立しがちな支援者を委員全員が問題を共有する
  ことで支援者が一人ぼっちにならない仲間づくりの場の強化を図った。
  山武圏域で活動する障害者を支える事業所の職員の質の向上を図るため多くの職員が参
  加しやすい時間に勉強会を開催した。
  ・研修「短期海外研修報告~なぜ精神障害者が地域で暮らしていけるのだろうか?~」
   講師:イタリア研修チーム(千葉県の精神保健福祉相談員)
      山武健康福祉センター 五十嵐氏
      千葉県障害福祉課 矢嶋氏
      千葉県精神保健福祉センター 杉浦氏
  ・勉強会「精神障害を知ろう」
      第1回 平成26年1月14日 午後6時30分~ 会場 地域生活支援センターゆりの木
      第2回 平成26年3月14日 午後7時~    会場 社会福祉法人緑海会光洋